| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンド オリジナル曲の作り方

最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

バンドを組んで、最初はコピーで練習をするかもしれません。
でも、段々自分達のバンドのオリジナルが欲しくなると思います。
では、オリジナルを作るにはどうすれば良いのでしょうか?


バンドを結成したからには、オリジナル曲に憧れると思います。
ライブハウスによっては、コピーでは演奏させてもらえないところもあります。
それに、オリジナル曲があったほうが活動の幅が広がります。

最初は、どうやって曲を作ったらいいのかわからない、というバンドも多いと思います。
作詞が先か作曲が先か、そういうところから悩みますよね。
実際、決まりはないのでしょう。
でも、何も浮かばない時には、そんなことでも答えを求めたくなるものです。

オリジナル曲を作った経験のあるバンドに意見を聞くと、どちらが先でもいいという答えが返ってきます。
しかし、実際には、自然に曲が先になるバンドが多いようです。
他には、ギターのコード進行から作曲したり、スタジオでセッションしながら曲を作ったりする方法もあります。
でも、セッションしながらという作曲方法は、難易度が高いですね。

ちなみに、普段から録音できるものを持ち歩いていると、ふとメロディーが浮かんだ時に便利ですよ。
特別な機械がなくても、携帯の録音機能を使えば、簡単に録音可能です。
何曲か作っていくうちに感覚がつかめてきます。
ですから、最初から完璧を求める必要はないと思います。

なかなかスムーズに進まない場合には、作曲の本を読んだり、好きなバンドの音楽を参考にしたりしてみてください。
本を読むと個性がなくなるのでは、と懸念する声もあります。
しかし、知識があると作曲がスムーズにいく場合もあります。
最初は真似のように感じても、アレンジを重ねることで自分達の音楽に近づいていきますよ。

スポンサーサイト

最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。