| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンドのパートの役割

最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

バンドには、色々なパートがあります。
それぞれのパートには、それぞれの役割があります。
今回は、主だったパートについて説明します。





バンドのパートには、「ボーカル」「ギター」「ドラム」「ベース」「キーボード」など、色々あります。
中でも人気が高いのは「ボーカル」と「ギター」です。
上記で挙げた以外にも、クラシックの楽器やDTMなどを使って結成されたバンドもあります。

「ボーカル」とは、そのまま、歌うパートですね。
バンドの主役と言い換えてもいいでしょう。

「ギター」は、メロディーを担当するパートです。
ボーカルと共に華やかなので、人気があるのでしょう。
基本的には伴奏です。
しかし、時にソロが入ることもあり、主役にも脇役にもなれる演技力が必要です。

「ドラム」は、曲全体をリズムで支配するパートです。
同時に、タイムキーパーの役割もはたしています。
ドラム次第で、同じ曲でもイメージが変わってきます。
このことからも重要なパートだということがわかります。

「ベース」は、音に厚みを加え、リズムを合わせてくれるパートです。
バンドにベースは必要ないという意見もあります。
しかし、実際に活躍しているプロになればなるほど、ベースのないバンドを探すことは難しいでしょう。
ピアノなど他の楽器の音を生かすために、あえてベースを入れないというバンド(演奏)もありますが・・・。

「キーボード(ピアノ)」は、役割が曲によって変わるパートです。
キーボードは、色々な音色が出せます。
曲によって和音にしたり短音にしたり、ギターとユニゾンしたり裏メロディーを弾いたりと、様々な場面で活躍します。

音楽は、それぞれのパートの個性が重なることで、ますます深く楽しくなるのですね。

スポンサーサイト

最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。