| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンドメンバーの各自の練習法

最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

バンドのメンバーが揃って練習する時間は限られています。
その限られた時間を有効に使うには、各自それぞれの個人練習が大切になります。
主だったパートの個人練習法について説明します。


バンドメンバーが揃って練習が出来る時間には、限りがあります。
そのため、メンバーがそろって練習する機会は貴重です。
一番重要なのは全員そろっての練習までに、各自が練習を積んでそれぞれのレベルを上げることです。

各パートの練習方法をあげてみます。

ボーカルの練習方法で一番おすすめなのは、プロのレッスンに通うこと。
でも、金銭的・場所的・スケジュール的に、なかなかそうもいかないのが現実ですよね。
自宅でヴォイストレーニングができるDVDなども発売されているので、参考になりそうです。

ギターの練習では、「マイナスワンCD」を使う人が増えています。
「マイナスワンCD」とは、ギターパート以外の曲が吹きこまれているCDのことです。
カラオケを想像するとわかりやすいと思います。
普通のカラオケは、ボーカルの部分が抜けています。
でも、マイナスワンCDはギターの部分が抜けています。

ベースは、他のパート以上にリズムが重要な楽器です。
そのリズムを身につけるには、まずメトロノームなどを使って練習をしましょう。
もちろん、フレーズを練習するのも大切です。
だけど、リズムが狂ってしまうとベースの責任が問われてしまいます。
まずは一定のテンポをキープできるようにしましょう。

ドラムの練習も、メトロノームが活躍します。
なるべく多くドラムセットにふれることが大切です。
しかし、家にないという場合はメトロノームとスティックだけでも、実のある練習ができます。

各自基本ができてきたら、CDに合わせて自分のパートを完璧になるよう練習することをおすすめします。

スポンサーサイト

バンドメンバーの集め方

最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

いざバンドを組もうと思っても、メンバーを集めるのが一苦労です。
友人・知人をあたってみても、なかなかメンバーが揃わないことが多いのではないでしょうか?
そこで、メンバー集めのヒントと言うか、一つの手段を紹介します。
これが全てというわけではありません。
他にも方法があると思いますが、参考に出来るところは、参考にしてください。


バンドを組もうと思った時に、殆どの人が最初に苦労するのが、メンバー集めですよね。
身近なメンバーでバンドを結成できれば何よりです。
しかし、例え音楽好きの友達がいても、音楽の方向性が一致していなければバンドを組むことは難しい。

「ボーカルがやりたいけど、他のメンバーが思い当たらない。」
「バンドで得意なギターを活かしたい。」
そんなあなたにおすすめの情報があります。

地域の情報誌や新聞に投稿するのも一つの方法です。
しかし、インターネット上にもメンバー募集の悩みを解決してくれるかもしれないサイトがあるのです。
バンドメンバーを募集するためだけに作られた掲示板が存在します。
(しかも一つではありません)
これは、利用しない手はありませんね。

仕組みは簡単!
募集しているパートとか、自分がやりたいパートを書き込みます。
例としては、「ロックバンドのボーカルとベース募集中。横浜近郊の方。」とか、「キーボード加入希望。北海道からプロ目指す20歳。」みたいな感じです。
それを閲覧して興味を持った人が、掲示板に書き込むというシステムです。
ユーザー登録は無料ですので、試してみる価値はあると思います。

地域別や音楽のジャンル別で探すことのできるサイトもありますよ。
メールアドレスを非公開で、やりとりができます。
プライバシーも守られるということも利点の一つです。

また、島村楽器のHPにあるバンドメンバー募集の掲示板では、音を聴くことまでできるのです。
嬉しいサービスですよね。

募集だけでなく情報交換ができるSNSもあります。
興味のある方はのぞいてみてはどうでしょう。


最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。