| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベース演奏法

デンゲキベースマニア~7days program~

ベースとギターは、見た目似ていますね。
そして、弦の数は、ベースは基本的に4本、ギターは6本。
ですから、ギターが弾ければ、ベースも簡単に弾けそうな気がしますね。
全く初めての人よりは、取り組みやすいかもしれませんが、ベースには独特の演奏法があります。


エレクトリックギターとエレクトリックベースは、見た目にはとてもよく似ていますね。
ギターは弦が6本あり、ベースは基本的には4本の弦です。
だから、ギターの演奏ができれば、ベースも簡単に演奏できるように思えます。
しかし、本当にそうなのでしょうか?

確かに、全くの初心者よりは、ギターを経験してからベースに挑戦する人の方が、右手と左手の使い方を分かっていると思います。
それに、弦を押さえる指の力も、普通よりは付いていると思います。
そのため、いくらかは、簡単に始められるかもしれません。

しかし、ベースはギターに比べ、フレットとフレットの間隔が非常に広く、弦も太くなっています。
これは、ベースがギターよりも1オクターブ低い音域を奏でるため、そうなっています。
ですから、予想以上に指圧が必要になってきます。

また、確かに弦が少なくシンプルな演奏法なので、簡単そうに感じると思います。
ですが、ベースが音楽に与える影響はとても大きく、ベースの演奏には、ドラマー並みのリズム感が必要とされるほど、実はすごく難しいのです。

演奏方法も、ギターは、
・親指や人差し指、中指や薬指など、色々な指を使って1本づつ弦を弾くアルペジオ
・ピックを使って弾く方法
など、主に2種の方法があります。
でも、ベースは
・人差し指と中指を使って弾く2フィンガー
・ピックでの演奏
以外にも、
・「スラップ」
という、独特の演奏法があります。

スラップとは、弦を引っ張ったり、弦を叩いたりして音を出す演奏法です。
このように掻い摘んで見てみても違いが結構あります。
ですから、ギターとベースは別物として認識し、挑戦してみた方がいいかもしれません。

スポンサーサイト

ドラムの演奏法

『手数王』菅沼孝三の60日間ドラム上達プログラム
「ドラムの達人!手数王式60日短期集中ドラムメソッド」


ドラムの演奏法と言うと、テクニックを気にする人がいるのではないでしょうか?
しかし、ドラムの演奏で大事なことは、リズムです。
それは、ドラムのリズム=バンドのリズムだからです。
まず、リズム感を身に付けてから、テクニックを身に付けた方が良いと思います。


ドラムの演奏法を、「そんなに難しくないのではないか」と思っているとしたら、それは大間違いです!
ドラムは、リズムが命。
バンドのリズムは、ドラムに左右されるのです。

このリズム感を身につけるだけでも、最初は苦労するでしょう。
リズム感を身につけるためには、時間を決め、毎日継続して練習する時間を作る必要があります。
ドラムの練習をする時には、メトロノームは必需品です。

最初は、持ち方からして迷いますよね。
TVで見たバンドのドラムの演奏の影響か、私はドラムに手をクロスさせて演奏するイメージがありました。
実際、右手にハイアット、左手にスネアを持ち、演奏時はクロスさせるのが一般的なのです。
利き腕がどちらなのかによっても違いはありますが・・・。

腕を絶対にクロスさせなければいけない、という決まりはありません。
初めはクロスさせる形とさせない形の両方を試してみて、その結果でやりやすい方を採用するのもいいでしょう。
その時に、鏡に自分の姿を写したり、ビデオに撮ったりして、自分の演奏がどう見えているのかを確認することをおすすめします。
やっぱり、カッコよさだって選ぶ時に、大事なポイントになりますからね!

慣れてきたら、出したい音によって演奏法を変えてみましょう。
・オープンとクローズの差をはっきり出したい時はヒールアップ
・少しだけオープンしたい時はヒールダウン
という具合です。

演奏法を解説したDVDなども発売されています。
DVDを参考にしてみるのも、一つの方法です。
やはり、動画でみるとわかりやすいですよ。


最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。