| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アコースティックギター コードの種類

ギター教材の定番。『7days guitar complete master program』

コードと言うのは、3つ以上の複数の音を同時に発する、いわゆる「和音」のことをいいます。
ギターを弾くためには、必ずコードをマスターする必要があります。
基本のコードを簡単に説明します。
まず、この基本のコードをマスターしましょう。


コードとは、3つ以上の複数の音を同時に発する、いわゆる「和音」のことです。
コードには、たくさんの種類があります。
ですから、なかなか全てを覚えることはできません。
そこで、よく使われるコードからマスターしていく必要があります。

はじめにマスターすべきコードはC、(シーメジャー)です。
それから、以下の基本のコードをマスターしましょう。
C(ド)、D(レ)、E(ミ)、F(ファ)、G(ソ)、A(ラ)、B(シ)です。

さらに、半音上げるコードを覚えましょう(#)。
C#、D#、E#、F#、G#、A#、B#です。

次に、半音下げるコードも覚えてください(♭)。
C♭、D♭、E♭、F♭、G♭、A♭、B♭になります。

そして、覚えるべき主なコードタイプは、(なし)=メジャー、m=マイナー、7=セブン、M7=メジャーセブン、m7=マイナーセブン、mM7=メジャーマイナーセブン、dim-=ディミニッシュ、-5、♭5=フラットファイブ、m7-6、m7♭5=マイナーセブンフラットファイブ、aug=オーギュメント、sus4=サスフォー、7sus4=セブンサスフォー、6=シックス、m6=マイナーシックス、add9=アドナインスです。

ちなみに、メジャーコードの音は高くて軽い感じの音、マイナーコードの音は低くて暗い感じ、の音といった印象があります。
ギターは、色々なコードの組み合わせで演奏します。
指の押さえ方や弦の弾き方などは、はじめは難しいです。
でも、ギターを弾く上で、必ずコードをマスターしないといけません。
何度も練習して、コツを掴みましょう。

スポンサーサイト

アコースティックギターのピックの種類

ギター教材の定番。『7days guitar complete master program』

あなたは、アコースティックギターを弾くとき、直接指でひきますか?
それとも、ピックを使って引きますか?
ピックには4つの種類があります。
それぞれのピックの特長によって、選んだ方が良いと思います。


アコースティックギターを弾く場合、指で弾いて音を出す事も多いですが、ピックを使って弾く事も多いです。

ピックには、色々な種類があります。
中でも代表的な4つの種類が
・ティアドロップ型
・トライアングル型
・ジャズ型
・サムピック型
です。

それぞれのピックに特徴があります。
ですから、各型の特徴を理解して選ぶと良いと思います。

まず、ティアドロップ型です。
これは、多くのギター奏者が愛用している型です。
先っぽが鋭敏です。
だから、ギターの弦に引っ掛かりを感じずに、滑らかに演奏することができます。

次に、トライアングル型です。
これも、人気のある型です。
別名「おにぎり型(おむすび型)」とも言われていて、その名の通り3角形になっています。
どの角でも使えるので、もしどこかの1角が使えなくなっても、他の角を使って演奏できるので、便利です。

次に、ジャズ型です。
ティアドロップ型を少し小さくした型です。
そして、先っぽも、ティアドロップ型よりもっと鋭敏になっています。
その型名の通りジャズ奏者に人気です。
でも、ジャンルにとらわれず幅広いギター奏者に使われています。

最後は、サムピック型です。
これは前述した3つの型とは違い、親指にはめて使います。
低音を響かせたい時に使用します。
そして、ピックの厚さが薄くて柔らかだとデリケートな音が、厚くて硬いものだと存在感のある音になります。
さらに、同じ厚さでも素材が違えば音色も違ってきます。

厚さと素材の種類も多々あるので、それぞれ組み合わせて選ぶのがいいでしょう。


最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。