| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンドメンバー揃ってスタジオで練習

最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

いよいよスタジオを借りて、メンバー揃って練習をすることになりました。
これは貴重な機会なので、有効に使いたいですね。
そこで、スタジオを利用した練習をする際の注意点をお話します。


バンドメンバーがそろって練習するためには、それなりの設備と広さが必要です。
そのため、ほとんどの場合はスタジオを借りて練習ということになるでしょう。
スタジオの利用料金は、部屋の広さや設備・場所にもよって幅があります。
安いところだと2時間で3千円前後で済みますが、1時間1万円というスタジオも存在します。
個人練習のとき以上に意識を高く持ち、時間を有効に使わなければなりません。
お金をかけ時間をかけて、バンドメンバーがそろってスタジオで練習する機会は貴重です。

スタジオで練習する時のポイントは、みんなの音を聞くことです。
特に、歌。
当たり前のよう思うでしょう。
しかし、ボーカルの声が聞こえないままに練習を続けてしまうバンド、結構多いんです。
ボーカルの人は音量を一番大きくしておきましょう。

スピーカーやアンプの向きを調整するだけでも音のバランスは変わりますので、音を大きく出して練習する機会を作りましょう。
スタジオ練習時に、いつも音を下げて練習していると、本番のライブでどれくらいの音を出したらよいのかわからないという危険性があります。

練習中は、全体の中で自分がどう聞こえるのかということがなかなかわからないですよね。
ですから、スタジオ練習を録音(録画)しておく事をおすすめします。
録音して、自分を含めたそれぞれのパート全体のバランスを考えながら聞くことで次の練習に活かせます。
ただし、注意が一点。
それは、録音する機械を置く場所です。
観客を想定した場所に置くようにしましょう。

スポンサーサイト

バンドメンバーの各自の練習法

最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

バンドのメンバーが揃って練習する時間は限られています。
その限られた時間を有効に使うには、各自それぞれの個人練習が大切になります。
主だったパートの個人練習法について説明します。


バンドメンバーが揃って練習が出来る時間には、限りがあります。
そのため、メンバーがそろって練習する機会は貴重です。
一番重要なのは全員そろっての練習までに、各自が練習を積んでそれぞれのレベルを上げることです。

各パートの練習方法をあげてみます。

ボーカルの練習方法で一番おすすめなのは、プロのレッスンに通うこと。
でも、金銭的・場所的・スケジュール的に、なかなかそうもいかないのが現実ですよね。
自宅でヴォイストレーニングができるDVDなども発売されているので、参考になりそうです。

ギターの練習では、「マイナスワンCD」を使う人が増えています。
「マイナスワンCD」とは、ギターパート以外の曲が吹きこまれているCDのことです。
カラオケを想像するとわかりやすいと思います。
普通のカラオケは、ボーカルの部分が抜けています。
でも、マイナスワンCDはギターの部分が抜けています。

ベースは、他のパート以上にリズムが重要な楽器です。
そのリズムを身につけるには、まずメトロノームなどを使って練習をしましょう。
もちろん、フレーズを練習するのも大切です。
だけど、リズムが狂ってしまうとベースの責任が問われてしまいます。
まずは一定のテンポをキープできるようにしましょう。

ドラムの練習も、メトロノームが活躍します。
なるべく多くドラムセットにふれることが大切です。
しかし、家にないという場合はメトロノームとスティックだけでも、実のある練習ができます。

各自基本ができてきたら、CDに合わせて自分のパートを完璧になるよう練習することをおすすめします。


最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。