| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラムの譜面

『手数王』菅沼孝三の60日間ドラム上達プログラム
「ドラムの達人!手数王式60日短期集中ドラムメソッド」


ドラムの譜面を見たことはありますか?
多分、ピアノなどの譜面を読める人でも、ドラムの譜面を読むことは、難しいと思います。
まして、初心者の人では、何がなんだか分からないのではないでしょうか。
そこで今回は、ドラムの譜面を紹介しようと思います。


ドラムの譜面は、ピアノなど他の楽器と同じように、五線譜になっています。
おそらく初めて見る人では、「さっぱりわからない・・・。」という感想を持つことが多いでしょう。
これは、ピアノの楽譜が読める人でも同じことだと思います。

実はドラムの楽譜には、おおよそのルールしか書かれていないのです。
正式には、楽譜を読むのとは、ちょっと違います。
譜面に書かれている記号を読みとって演奏する、という感じでしょうか。

ドラム譜でよく使われる記号を紹介しましょう。
Cymは、シンバル
H.H.はハイハット
B.D.がベース(バス)ドラム
S.D.がスネアドラム
を表している、というのはわかりやすいかもしれません。

しかし、
・「○」がハイハットを開く
・「+」がハイハットを閉じる
という意味だということは、やはり学んだ人にしかわかりませんよね。

他には、
Rim.はリムショット
Rが右手のショット
Lが左手のショット
を表しています。

ドラム譜は、五線譜を使用してはしています。
しかし、五線譜の中に時間経過とどの打楽器を使うかが書いてある、という感じです。
五線譜はそれぞれに、「シンバル」「バスドラム」「スネア」などを指します。

正式には、ドラム譜は、ドラムの「タブ譜」のことです。
文字や数字など記号で表されたものを、タラブチュアといいます。
そのタラブチュアが「タブ譜」のことを指しています。

タブ譜は、ドラムだけでなく他の楽器でも使われています。
でも、特にドラムで使うタブ譜のことを、「ドラム譜」というのですね。

スポンサーサイト

最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。