コピーバンドとは| ホーム |

インディーズバンドとメジャーバンドの違い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンドツアーの仕方

最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

バンド活動をしている人の中には、ツアーで全国・世界を回りたい、そう思っている人もいると思います。
でも、実行するには、どのようにしたら良いのか分からない。
それで希望通りに活動できていないバンドもあるかもしれません。
では、ツアーでバンド活動をするには、どうすれば良いのでしょうか?


ツアーで全国を回りたい、というバンドは意外に多いようです。
同時に、受け入れてくれるライブハウス(ハコ)に、ツテも何もないがどうしたいいのか、というバンドも多いです。
でも、大丈夫。
地道にやれば、ツアーはできますよ。

ライブのやり方には、
・ライブハウスを借り切ってライブをする「企画ライブ」
・ライブハウスに出演を依頼して、他のアーティストと時間を分け合ってライブをする「ブッキングライブ」
の、二通りがあります。

ツアーバンドなら、ブッキングの場合、チケットのノルマなしで受け入れてくれるライブハウスもありますよ。
まずは、ウェブサイトや電話帳などでライブハウスを探して、連絡を取りましょう。

バンドツアーを企画する際に一番気になるのは、やはり費用ですよね。
チケットのノルマだけでなく、バンドメンバーが移動する交通費や食費などの生活費も、日程が長ければ長いほどかさんできます。
キャンピングカーで移動する、という手もありますね。

ちなみに最近は、インディーズのバンドが海外でツアーをするケースも出てきています。
海外の場合でも、ツアーのやり方は変わりません。
もし、クリスチャンバンドやゴスペル音楽も取り入れているバンドなら、ライブハウスだけでなく教会もあたってみてください。

直接電話で連絡をとる方法もあります。
しかし、ウェブサイトを通して、メールなどの方法でブッキングするやり方もあります。
注意点としては、海外のライブハウスが日本と同じだと思わないことです。
設備にしても、ライブハウスの大きさにしても、お客にしても。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

コピーバンドとは| ホーム | インディーズバンドとメジャーバンドの違い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。