アコースティックギター講座の選び方| ホーム |

アコースティックギターのピックの種類

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アコースティックギターアンプの選び方

ギター教材の定番。『7days guitar complete master program』

アコースティックギターのアンプと聞いて、「えっ?」と思う人が多いと思います。
普通、アコースティックギターは、エレキギターと違ってアンプがなくても音が出るので、そう思うでしょう。
「ピックアップ」という装置があって、それを装着したギターを「エレクトリックアコースティックギター」といいます。
アンプは、エレクトリックアコースティックギターをつなげて大きな音を出します。


アコースティックギターの場合、エレキギターと違い、アンプがなくても音が出ます。
ですから、基本的には、アンプは必要ありません。
アコースティックギターに「ピックアップ」という、弦の振動を電気信号として検出する装置を付けたギターを、「エレクトリックアコースティックギター」と言います。
そのエレクトリックアコースティックギターにアンプをつなげれば、大きな音を出すことができるようになります。

練習していくにつれ、どこか大きな会場(自宅より大きな場所)で演奏する機会があるかもしれません。
その時には、このエレクトリックアコースティックギター(通称:エレアコ)にアンプをつなげて音を出すのです。

アコースティックギター用のアンプは、楽器内のピックアップの音声を受けて、演奏するために使用されます。
エレキギター用のアンプと違い、歪みの回路は不要と判断され、アコースティックギター用の歪みは低く作られているものが多いです。

基本的にアコースティックギターは、生のギターの音を楽しむ楽器です。
だから、何度か申し上げていますが、アンプの必要はありません。
それに、選択するほどの種類もないので、選択の余地もあまりないでしょう。
お店でもエレキギター用のアンプは多種多様、選ぶのに困る位に置いてあると思います。
でも、アコースティックギター用は、あまり数を置いていないのが実情なのです。

自分の出したい音楽が、生のギターの音なのか、それともアンプを通した大きなギターの音なのか、良く考えて選んでください。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

アコースティックギター講座の選び方| ホーム | アコースティックギターのピックの種類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。