アコースティックギターのコードストロークとは| ホーム |

アコースティックギター チューニングをマスターしましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アコースティックギター コードの種類

ギター教材の定番。『7days guitar complete master program』

コードと言うのは、3つ以上の複数の音を同時に発する、いわゆる「和音」のことをいいます。
ギターを弾くためには、必ずコードをマスターする必要があります。
基本のコードを簡単に説明します。
まず、この基本のコードをマスターしましょう。


コードとは、3つ以上の複数の音を同時に発する、いわゆる「和音」のことです。
コードには、たくさんの種類があります。
ですから、なかなか全てを覚えることはできません。
そこで、よく使われるコードからマスターしていく必要があります。

はじめにマスターすべきコードはC、(シーメジャー)です。
それから、以下の基本のコードをマスターしましょう。
C(ド)、D(レ)、E(ミ)、F(ファ)、G(ソ)、A(ラ)、B(シ)です。

さらに、半音上げるコードを覚えましょう(#)。
C#、D#、E#、F#、G#、A#、B#です。

次に、半音下げるコードも覚えてください(♭)。
C♭、D♭、E♭、F♭、G♭、A♭、B♭になります。

そして、覚えるべき主なコードタイプは、(なし)=メジャー、m=マイナー、7=セブン、M7=メジャーセブン、m7=マイナーセブン、mM7=メジャーマイナーセブン、dim-=ディミニッシュ、-5、♭5=フラットファイブ、m7-6、m7♭5=マイナーセブンフラットファイブ、aug=オーギュメント、sus4=サスフォー、7sus4=セブンサスフォー、6=シックス、m6=マイナーシックス、add9=アドナインスです。

ちなみに、メジャーコードの音は高くて軽い感じの音、マイナーコードの音は低くて暗い感じ、の音といった印象があります。
ギターは、色々なコードの組み合わせで演奏します。
指の押さえ方や弦の弾き方などは、はじめは難しいです。
でも、ギターを弾く上で、必ずコードをマスターしないといけません。
何度も練習して、コツを掴みましょう。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

アコースティックギターのコードストロークとは| ホーム | アコースティックギター チューニングをマスターしましょう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。