ドラムの練習法| ホーム |

ボーカルエフェクト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラムとは

『手数王』菅沼孝三の60日間ドラム上達プログラム
「ドラムの達人!手数王式60日短期集中ドラムメソッド」


ドラムと言うのは、皮と胴で出来ている打楽器のことです。
打楽器全体を指すときには、パーカッションと言います。
そして、ドラムには色々な種類があります。
ちょっと、ドラムのことを調べてみましょうか?





一言で言ってしまえば、ドラムとは「打楽器」のことを言います。
しかし、ドラムは、打楽器すべてを指しているわけではありません。
「パーカッション」が、打楽器全体を指す言葉です。

皮と胴(イメージ的には、太鼓のようなものがそうです)でできている打楽器を、「ドラム」と呼びます。
ティンパニやボンゴ・ジャンべなど、多数の楽器がドラムに分類されます。

ドラムを叩く人を、「ドラマー」と呼びます。
しかし、時に「ドラム」という言葉で、「ドラマー」やドラムとシンバルなど、ドラムと打楽器とを組み合わせた「ドラムのセット」を指している場合もあります。
ドラムセットは、組み合わせや数にこれといった決まりがありません。
全てドラマーに任されます。

ライブハウスなどにある「ドラムセット」は、「バスドラム+フロアタム+タムタム」という三点セットやそれに「スネアドラム」「ハイハットシンバル」「ライドシンバル」「クラッシュシンバル」を組み合わせて、四点セットにしたものが多いです。
これらを演奏しやすいように配置し、椅子に座って演奏するドラマーがほとんどですね。

上記のような一般的に使われているドラムに対して、エレクトロニックドラム(エレドラ)、つまり電子ドラムも存在します。
消音効果に優れている電子ドラムは、練習用には最適です。
これがあれば、例え防音設備が整っていない自宅でも、近所に気を使うことなく練習ができるようになります。
電子ドラムは、叩き心地もそうですが、叩く場所によって音が変化する点も、生ドラムに似ています。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

ドラムの練習法| ホーム | ボーカルエフェクト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。