ベース譜| ホーム |

ドラムの譜面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベースとは

デンゲキベースマニア~7days program~

最近は、ベースが安くなってきたため、比較的購入しやすくなってきました。
でも、ちょっと前までは、高級な楽器でした。
そのため、エレキギターに工夫をして、ベースの練習をしていたようです。
では、エレキギターとベースの違いは何なのでしょうか?





electric bass、通称ベースは、最近では、誰にでも簡単に手に入るようになりました。
でも、ひと昔前では、とても高級な楽器でした。
だから、、比較的安価で手に入ったギター(エレクトリックギターなど)を工夫して、ベースの練習に使用したりする事もあったそうです。

ベースは、4本の弦が一般的です。
弦が、5本以上のあるベースは、多弦ベースなどと呼ばれています。
ベースは、見た目はエレクトリックギターによく似ています。
だけど、弦がエレクトリックギターに比べて、すごく太いのが特徴です。
簡単に言ってしまえば、ベースとはギターの低音版と言った所でしょうか。
ベースはギターと違い、和音では無く、単音で演奏するのが一般的で、指やピックで演奏します。

ベースを演奏する人の事をベーシストと呼びます。
しかし、バンドなどで紹介する時には、そのまま「ベース」と言って紹介されたりもします。
また、バンドなどでは、ベースは左側に配置されている事が多いようです。
エレクトリックベースは、元々クラシックなどでよく使われているコントラバスなどのウッドベースが大きくて、持ち運んだり動き回るのが困難なため、電気的に音が出せるようにした物です。
それが小さく取り扱いが容易な事から人気となり、今では音楽の演奏には欠かせない楽器となるまで普及しました。

その弦の太さから、指の力が必要とされます。
ですから、慣れるまで音が出難い特徴があります。
でも、練習を積めば、すぐ慣れると思います。
ただ、リズム感やコード感に大きく影響を与える楽器ですので、感性は必要です。
そのため、ベースとは、シンプル故に奥が深い、重要な楽器だと言えます。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

ベース譜| ホーム | ドラムの譜面
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。