ベース演奏法| ホーム |

ベース選び方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベース練習法

デンゲキベースマニア~7days program~

ベースを始めたとき、どんな練習をすれば、上達するのでしょうか?
ベースは、コツコツと基礎練習を繰り返す必要があると思います。
基礎練習を繰り返しているうちに、飽きてきてしまうかもしれません。
でも、ベースをものにしてしまえば、大変魅力的な楽器なので、頑張ってください。


数ある楽器の中でも、とても奥の深いベース。
一般的には「ベース」と言うと、エレクトリックベースを思い浮かべる方が多いと思います。
上手に演奏出来るようになるためには、どのような練習をするのが効果的なのでしょうか?

ベースは、何を置いてもまずはリズムが命です。
ですから、音が出せるようになってからは、クリックに合わせて地道に毎日練習を重ねます。
それが出来るようになれば、ノリを出した演奏法に挑戦してみる、などのコツコツした練習が大切になってきます。
ですが、基礎的な練習の繰り返しばかりしていると、飽きが来てしまいますよね。

基礎練習は、大変大切です。
でも、飽きて投げ出してしまっては、本末転倒、元も子もありません。
だから、これの予防策として、たまには好きな楽曲の中から比較的簡単な物を選び、コピー演奏してみたりするのも、継続の秘訣です。

ベースは、単純に同じような音を連続で弾いてるだけのように思っている方も多いです。
本当は、曲の根幹の役割を果たすほど重要なパートで、バリエーションも想像以上に豊富です。
本格的にベースの進行が理解できるようになるには、コードのルートに始まり、分数コードのルート、そして、順次進行で2度進行ができるようになる事がベストだと言えます。
ルートの上下に変化をつけて見ると、理解しやすいかと思います。

かなりざっくりと紹介しました。
ですが、ベースは派手な楽器でもなく、練習も地味な努力が必要です。
でも、ひとたびモノにすれば、とても面白く魅力的な楽器なので、是非練習して実感してください。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

ベース演奏法| ホーム | ベース選び方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。